【アフィリエイト超初心者向け】PVの増えるサイトブログの書き方

まずはじめに

 

アフィリエイトをはじめる際に、どこで商材を宣伝するか大事になってきますが、月に100万以上売り上げるようなトップアフィリエイターの方は、皆さん自分のオリジナルサイト(ブログ)を持っています。

 

アフィリエイト初心者に知って欲しい。おすすめテーマやジャンルの選び方

以前にも初心者向けの記事

【アフィリエイト初心者に知って欲しい。おすすめテーマやジャンルの選び方】

を書かせて頂いたのですが

 

間違った知識のままアフィリエイトをはじめても、全く稼げないまま途中で辞めてしまうことになってしまいます。。。

 

選ぶ商材も大事ですが、まずは商品を売るために必要な土台(サイトやブログ)を固めていく必要があります。

 

土台はブログ以外にも、SNSやメルマガ、ユーチューブなどの動画配信サイトでも行うことは可能ですが、一般的には皆さんブログからはじめることが多いようです。

 

ですので今回は正しいブログサイトの運営方法をご紹介したいと思います。

 

初心者にブログ以外での収益が難しい訳

 

1からのスタートで考えたとき、一番初心者でもはじめやすいのがオリジナルブログを作成し、そこでアフィリエイト商材を宣伝することです。

 

では何故それ以外の方法が難しいのか説明していきましょう。

 

SNSでのアフィリエイトが難しい理由

 

たまにSNSで見かける“インスタで副業”、“SNSで宣伝するだけで高収入”の文字。

 

あれほとんどが稼げない詐欺まがいのものとなっています。

 

本当にSNSで稼いでいるアフィリエイターはほんの一部。

 

まずSNSで広告宣伝して反響がある方というのは、SNS上で注目されている方です。

 

業界用語で言えば『インフルエンサー』『インスタグラマー』

 

インフルエンサーとは?

インフルエンサー は、世間に与える影響力が大きい行動を行う人物のこと。

インスタグラマーとは?

写真共有SNS「Instagram」のユーザーのうち、特にフォロワー数や閲覧数が多く沢山の人強い影響力を持つユーザーを指します。

 

このような方を利用して企業も宣伝をお願いしたりしていますが、

 

このような方に一括して言えるのは、それなりのフォロワーが存在することです。

それも何万人単位で。

 

インスタグラマーが商品を使っていると、投稿に上げるとフォロワーはこぞってその商品をチェックします。

 

しかし、そのような影響力があなたにありますか?

 

一般的にSNSを使っている方のフォロワーというのは数十人~多くても数百人程度。

 

そのほとんどは直接関わりのある知り合いのため、

 

SNSで宣伝したところで、友人に宣伝していることと変わりがないんです。

 

 

ユーチューブでのアフィリエイトが厳しい理由もSNS同様、新規顧客を獲得することがとても厳しい業界であること。

 

今現在ユーチューブを始めている人はごまんといます。

 

その中でチャンネル登録者を増やすことも難しいです。

 

そのため一番可能性があるのがブログになるというわけです。

 

ブログで良い記事を書くと、サイトの登録者が少なくとも一気に閲覧者を増やせるチャンスがあります。

 

またその記事が人々に必要とされればネット上でずっと上位表示されることも魅力の一つです。

 

そのためどのジャンルでブログを作るのか、とても大事になってきます。

 

そのあたりは以前の記事に書いているので、今日はまずブログのPV数を上げる方法を伝授したいと思います。

 

自己満足の日記にならないようにする

 

当たり前のことですが、自己満足でしかないブログはいつまでたってもPV数は伸びません。

 

まず第一に「誰に向けて記事を書いているのか」明確に考えながら執筆することが大事です。

 

SNSでもフォロワーが一定数ついている方を見ていても、一定のジャンルに絞っていて、投稿の内容がぶれていません。

 

例えば

  • 毎日作った料理を投稿する
  • おしゃれな服のコーディネートを主に載せている
  • ディズニーに関することに限定した投稿
  • カップル中心のコーディネートを載せる
  • 育児日記がメイン
  • 家電のレビュー中心のアカウント

 

など

 

フォロワーはその投稿者の統一された内容のファンになっていることがほとんどなので、

 

たまに料理、服、そして子供のこと、たまに旅行などジャンルがバラバラではなく

一定のジャンルに特化するべきなのはブログも同じ。

 

自分が自信のあるジャンル

執筆を続けられるジャンル

書いていて楽しいと思えるジャンル

あやふやな内容でなく自信を持って情報を発信できるジャンル

 

で挑戦すべきと私は思います。

 

googleのキーワードプランナーで検索ワードを調べる

 

ブログを運営するに当たって、PV数を稼ぐには、検索ワードであなたのブログが引っかかる必要があります。

 

例えば、アフィリエイトの書く内容について記事を書こうと思ったとき検索すると・・・

 

アフィリエイト ジャンル 1000
アフィリエイト 種類 880
アフィリエイト テーマ 320

 

この三つで見たとき 【アフィリエイト ジャンル】の組み合わせが一番検索が伸びていることが分かります。

 

ということはタイトルを考えたときに

『アフィリエイトでおすすめのテーマ5選』よりも

『アフィリエイトでおすすめのジャンル5選』のほうが検索ワードに引っかかるということです。

 

同じ意味合いの言葉でも、こんなに検索数が変わってきますので、注意して様々なワード検索を行ってからタイトルを決める必要があります。

 

またキーワードを選ぶ際に、

例えば

ダイエットについて記事を書こうと思ったとき

肥満 6600
ガリ 4400
痩せ 1900

 

このように対義語を調べると、逆の意味でもこれだけ検索数が変わることが分かります。

 

ですので、テーマに関連するワードは類似語・対義語・比較語を全て比較してからワード選びをすることが重要ですね。

SEOライティング技術を学ぶ

 

キーワードプランナーで検索数を調べることはブログを執筆する上での基礎ですが、SEO対策を練ってキーワードを絞ることが検索から自分のブログへの訪問数を増やすコツになります。

SEOとは、「検索エンジン最適化」を意味する言葉で、Search Engine Optimizationの略語です。GoogleやYahooなどの検索エンジンの検索結果で、Webサイトを検索結果で多く露出させるための施策のことです。

SEOライティングとは検索上位を狙えるキーワードの選定を自ら行い、そのキーワードの検索数を調べ、検索で上位されるようなキーワードを盛り込んで記事を執筆すること、また狙ったジャンルワードで上位表示されている記事を調べ、どのような内容で上位検索されているか分析を行い、検索エンジンとユーザーのどちらにも需要がある記事を書くことを言います。

 

特に記事の中でも重要になってくるのが、記事のタイトルと見出しです。

 

例えば例を挙げてみましょう。

 

例えば、『メンキャバ メリット』というキーワードで検索すると1番上に表示されているブログがありますよね。(これは当社が運営しているブログです。)

 

2位以下で表示されているものと比べてタイトルに狙ったキーワードが盛り込まれているように感じます。

 

メリットを調べている人であればきっとデメリットも知りたいでしょうから、『メリット』『デメリット』どちらもタイトル内のキーワードとして使用することで検索にヒットする可能性もあがってきます。

 

また記事内に見出しを付けることで、上位表示されるようになると検索したときに見出しも一緒に表示されるようになります。

 

そうすることでユーザーにとって必要なページに最小限のクリック数で飛ぶことが出来るため、検索数も伸びやすくなります。

 

また一つの記事が平均2000文字~3000文字として、見出しがない記事はただただ見にくいです。

 

見出しの付け方の例をみていきましょう

↑こちらは『ホスト メリット』で検索すると一位表示されている記事になります。

タイトルは『ホストに向いている人、向いていなく病む人、メリットとデメリットとお酒』です。

長いタイトルではありますが、SEOキーワードが多く盛り込まれていますね。

 

この記事の目次をみていきましょう。

 

 

タイトルに対して、見出しがリンクしているのは分かりますか?

 

見出し1は大見出し

見出し2は中見出し

見出し1に対する内容の箇条書きのタイトルが見出し2になります。

 

見出しがつけてあることで目次もまとめられて見やすい印象を受けますよね。

 

左についている英数字は、タグのイメージです。参考にしてください。

 

ちなみに見出しがなければ、目次が自動的に作成されることはありませんので注意してください。

 

文章のライティング技術を磨く

 

ただただ自分の思いを文章にしているだけだと、文字数だけ増えてしまい、本当に伝えたいことが文章に埋もれてしまうことがあります。

 

せっかく検索で引っかかって、記事を見てくれても、その検索ワードで調べたかった内容がブログ内になかなか見当たらなかったら、きっと閲覧者は戻るボタンを押して、また違う記事を見にいくでしょう。

 

上記でも申し上げたとおり、大事なのは記事を見た人がまず目次でどのページに飛べば調べたい答えがあるか分かること。

そして、そのページ内に検索した内容の答えをしっかりライティングしておくことが必須となります。

 

ライティング技術はネット上や本にもありますので、独自に調べて自身に合ったやり方で行いましょう。

 

沈黙のWebライティング —Webマーケッター ボーンの激闘—〈SEOのためのライティ…
松尾 茂起
5つ星のうち 4.3 78
単行本
¥ 2,160

 

全米NO.1のセールス・ライターが教える 10倍売る人の文章術 単行本(ソフトカバー) – ジョセフ・シュガーマン (著), 金森 重樹 (翻訳)

 

↑これは宣伝ではありません。笑

 

アマゾンを調べても文章力向上についての書籍もたくさんありますので、自分に合った本を見つけるのも良いかもしれませんね^^

 

 

またブログの記事一つにしても、私のブログのようにこのように「です。」「ます。」など敬語で執筆すれば、丁寧なきちんとした印象になりますが、その分読者との距離ができやすいとトップブロガーさんのツイッターでもつぶやかれていました。。。。

 

なので本音などを話すときなどはタメ語を取り入れているとおっしゃっていて

 

確かに文章一つでも伝わり方は大きく変わりますし、ライティング技術は持っているだけ資産価値があると感じました。

 

ネット社会が進み、今や欲しい情報は皆さんパソコンや携帯で探しますよね。

 

自分の技術さえあれば時代に合わせたブログを作り続けられるのだと思います。

 

文章を書いてみよう

 

テーマを決めたら、キーワードを絞り、執筆してみましょう!!

 

はじめるまでは頭で考えるので、なかなか構図などは出来上がりません。

 

しかし、とりあえず述べたいことを文章にうつして、書き進めればある程度読者に伝えたいこと、自分のブログでアピールしたいことが形になってきます。

 

その後に、添削を行って、読みやすい記事に変えていけば大丈夫です!!

 

後は、とりあえず記事を増やして一定の記事数になったら、リライトしましょう

リライトとは過去の記事を編集し、アップデートすること

自分を記事を見直すことで、

  • 記事の内容の薄い箇所
  • 文章が読みにくい箇所
  • 見逃していた誤字脱字

 

など見つけられ、以前よりグッと良い記事にすることができます。

 

 

 

初心者向けによく見るアフィエイト用語やよくある質問もまとめさせてもらいました。

こちらも合わせて見てください^^

 

【初心者向け】アフィリエイトよくある質問まとめ【専用用語解説付き】

 

 

「【アフィリエイト超初心者向け】PVの増えるサイトブログの書き方」に関連する記事

  • 保護中: クロネの月100万PVを超える方法

  • 100記事を書けばアフィリエイトは稼げるのか?ペラページでも良い?

  • アフィリエイトは会社にばれる?ばれない?副業の確定申告から脱サラで会社員を辞めるなどまとめ

  • アフィリエイト会社(ASP)おすすめ口コミまとめ

  • 【初心者向け】アフィリエイトよくある質問まとめ【専用用語解説付き】

新着の記事

  • 高単価案件アフィリエイト【ホスト・メンキャバ求人バイト.com】応募・クリック型紹介

  • 高単価案件【彼氏のレンタルなら“カトレア“】アフィリエイト広告紹介

  • 高単価案件紹介【MORE派遣】関東キャバクラ派遣会社

  • 【自己紹介ページ】ワンワンアフィエイトとは?運営会社や広告について紹介!

  • 【アフィリエイト超初心者向け】PVの増えるサイトブログの書き方

  • 【初心者向け】アフィリエイトよくある質問まとめ【専用用語解説付き】

  • アフィリエイトの確定申告は収入がいくらから?税金についても徹底解説!

  • 保護中: クロネの月100万PVを超える方法

  • アフィリエイト会社(ASP)おすすめ口コミまとめ

  • アフィリエイトの有名人まとめ(主婦・ブロガーさん含む)

  • アフィリエイトのデメリットと問題点まとめ

  • アフィリエイトは会社にばれる?ばれない?副業の確定申告から脱サラで会社員を辞めるなどまとめ

  • アフィリエイト広告主の問題点の実態。商材(商品)の承認率について。

  • アフィリエイトが怪しい、危ない、胡散臭いと思われる理由

  • アフィリエイトaspパートナー無料登録募集!ワンワンがおすすめな理由!

  • 100記事を書けばアフィリエイトは稼げるのか?ペラページでも良い?

  • アフィリエイト初心者に知って欲しい。おすすめテーマやジャンルの選び方

カテゴリー